つまようじ法について
30年にわたる臨床での実践や数多くの研究により、
「つまようじ法」の効果が明らかになっています。

「つまようじ法」とは、つまようじのように歯ブラシの毛先を歯と歯の間に出し入れすることにより、歯間部の歯肉のマッサージと歯垢除去をおこなう ブラッシング法です。つまようじ法を行うことにより、歯周病の予防・治療や歯の喪失予防に効果があることが示されています。

つまようじ法のエビデンス

ブラッシングのマッサージ効果

ブラッシングのマッサージ効果をイヌの歯肉を使って調べました。イヌの歯肉の一方を毎日歯磨きし、 反対側の歯は徹底的に歯垢・歯石除去しました。1週間後、ブラッシング側の細胞は歯垢・歯石除去に 比べ2倍くらいたくさんの細胞が増殖していました。また、炎症性細胞の数も5週間で半分に減って いました。このことから、歯周病には歯垢除去よりもブラッシングによるマッサージが有効であることが わかりました(図1)。また、同じようにイヌの歯肉で実験したところ、ブラッシングのマッサージ効果は 約200gの力で10秒から20秒で一番高くなり(図2)、その効果は毛先が当たっているところから0.5ミリ までであることが分かりました(図3)。 このマッサージ効果は歯ブラシの毛先があたっているところに限られています。ですから、歯と歯の間の 歯肉を刺激することが大切なのです。

歯周病には歯垢除去よりもブラッシングのマッサージが有効

動揺度(歯のぐらつき)の改善

動揺歯を有する歯周病の患者さん20人につまようじ法での 術者ブラッシングとブラッシング指導を行いました。 そうすると、初診時に横から平均101gの力で押すと動揺し 始めていた歯が、2週間後には141g、4週間後には147g、 8週間後には157gの力までかけないと 動かないくらいにしっかりしてきました。

口臭の改善

対象者の口にストローを入れて口臭の原因とされる揮発性 硫黄化合物の濃度を測定。つまようじ法による術者磨きを 1人平均7回繰り返し、濃度の変化を調べました。その結果、 13人の初診時の濃度は平均で250.2ppb(1ppbは10億分の1) でしたが、治療後は平均59.0ppb と約1/4にダウン。全員が側に いても口臭を感じない100ppb 以下のレベルに下がり、中には 1,100ppbから60ppb程度に まで激減した例もありました。

歯ブラシ1本で歯周病を改善

「つまようじ法」を行うと、歯肉からの出血は早く治ります。 最も進んでいる歯周療法と比較すると、「つまようじ法」実施群は明らかに良くなっています。 しかも、1週間でその差が出ています。

※プローピング
 先端に目盛りのついたプローブという深針を使って歯周ポケットの深さ

つまようじ法は、バス法とフロスの併用による 方法に比べて、臨床的にも有効であり、短時間で終わります。

症例

 

つまようじ法によるブラッシング

 

術者磨きの実際の映像

 

 つまようじ法に関する外部サイト

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 予防歯科学分野
http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~preventive_dentistry/top.html

 

歯周病予防・治療における歯ぐきマッサージの有用性
(神奈川歯科大学 山本龍生教授)
http://www.labs.kdu.ac.jp/syakaishika/pdf/massage2.pdf